リスタディの教材

2019年5月16日

うちの子は『勉強しなさい!』と言っても全然やらないんです。

このような悩みを持っていませんか?

思春期のお子さんを持つご家庭には、よくある悩みです。

ですが、もしかしてあなたは、

『子どもは勉強しないもの』

と思ってあきらめていませんか?

しかし、世の中には自分から勉強ができる子がいるのも事実です。

そんな子たちを見たり、話を聞いたりすると、

「そんなの勉強が好きな子だからできるんでしょ」

「元々頭が良い子だからできるのよ。」

と思ってしまうかもしれません。

では、あなたのお子さんが自分から勉強ができるようになるには、

勉強が好きになるまで、ただ待つしかないのでしょうか?

それとも、『才能のある子しかできない』と思ってあきらめるしかないのでしょうか?

答えは「NO」です!

どんな子でも自分から勉強ができるようになれる方法があるんです!

あなたのお子さんが自ら未来を切り拓く力を手に入れるための世界でたった1つのテキスト

リスタディ(リスタ)は、自分から勉強ができないお子さんを持つ保護者の方や生徒の方たちの団体です。

どんなに言ってもゲームばかりしていて勉強をしないお子さんに、イライラしてしまう保護者の皆さん、

お子さんをやる気にさせるのって本当に大変ですよね?

そのような親からのプレッシャーにウンザリして、やる気を失ってしまう生徒の皆さん、

「やらなくてはいけない」と思っても、やる気って中々出ないですよね?

リスタはそんな課題や悩みを解決するために、

塾や家庭教師に頼らなくても、自らの未来を勝ち取る力を身につけるための自立学習テキストを提供します。

『リスタディ』の『リ』には

Restart:いつでもやり直しができる

Liberal:自分の力で自由に未来を切り拓く

という意味が込められています。

「うちの子は何を言っても全然勉強しない」という保護者の皆さん、

「どうせ自分は勉強したって続かない。」という生徒の皆さん、

大丈夫!私たちと一緒にその悩みを解決していきましょう!!

著者紹介

学生時代、友人とのコミュニケーションに強い苦手意識を持ち、長い期間人間不信に陥った経験を持つ。

自身の過去の経験から若者支援ボランティアへの参加や『子どもが思い切り遊び、学べる居場所づくり』をコンセプトにした団体を設立して代表を務めるなど、若者への教育活動を精力的に行う。

現在は『親御さんとお子さんの共育カウンセラー』及び『思春期専門家庭教師』として、

思春期の子どもの心理に基づいた指導法で様々な家庭の学習サポートを行う。

過去15年間で関わった子どもの数は7,500人以上にのぼる(2019年4月現在)

子どもの未来を育てる仕事をしたい、という想いから、大学卒業後に高校の理科教員として勤務。

その後、海外の教育を知るために国際ボランティアとして東南アジアのラオスで2年間活動する。

ラオスでは教員養成大学に勤務し、現地の学生や教員への理科教育に関する指導や理科実験の映像教材の作成などの活動を行う。

また、ライターとして、自身のブログやWebマガジンにてボランティアの活動やラオスの文化に関する記事を多数執筆。

帰国後は大手学習塾が運営する理科実験教室の教室長として、生徒指導及び教室運営に携わる。

現在までに指導した生徒はのべ500人以上(2019年4月現在)。

 

・価格 25,000円(税込み)

※商品代金以外に発生する手数料など
・書籍版のみ、冊子印刷代および送料4,000円(税込)
・書籍版のみ、代引き手数料 全国一律 432円(税込)
・クレジットカード 複数回払い時のシステム手数料。
・銀行振込の際にかかる各種手数料。

・特典

①無料メール相談 ※1

②ユーザー限定ブログ閲覧可

③返金保証 ※2

④改訂版 無料配布 ※3

⑤リスタディ主催 交流会に無料招待 ※4

[※1]無料メール相談の詳細は下記になります。
・サポート期間:本テキスト購入から1年(365日)間相談可能
・回数:月2往復まで(初月のみ無制限)
[※2] 返金保証の詳細は下記になります。
・返金条件      (無料メール相談利用後、状況が改善しない場合)   
・返金可能期間  (6か月以内に申請してください) 
・返金方法      (メールにてご連絡ください) 
[※3]テキストを改定した場合、データを無料配布。
[※4]交流会の詳細は下記になります。
・開催場所:東京都内のレンタルスペースなど
・開催頻度:月1回程度(
ただし、規定人数(5人以上)に達した場合のみ開催します。)
・初回のみ無料招待となります。

【特典の提供方法】
ご購入者様にメールでご案内いたします。

↓ご購入は下記の『今すぐ購入』をクリックしてください。

お届け方法

↑こちらをクリック!

子どもはみんな勉強ギライ?

世の中に勉強が嫌いな子はどれくらいいるのでしょうか?

実は世の中のほとんどの子どもが勉強ギライです。

では、「勉強はキライだけど、勉強はしなくちゃいけない」と思っている子どもはどれくらいいるのでしょうか?

こちらも、実に多くの子どもが「嫌だけどやらなくちゃいけない!」

と思っています。

それでも、『自分から勉強ができる子』と『自分から勉強ができない子』に分かれてしまうのはなぜでしょうか?

その理由は様々ですが、主に以下の5つがあります。

①そもそもなぜ勉強をしなければいけないのかわからないから。

②勉強をした成果を感じられないから。

③他のことで忙しいから(勉強やゲームなど)。

④親に対する反抗心から。

⑤友達の影響から(ガリ勉はカッコ悪い、バカにされるなど)。

どれもあなたが思春期のことに、一度は感じたことがあるのではないでしょうか?

私たち大人は、今までの経験から「それでも勉強した方が良い!」ということを知っています。

しかし、もしかしたらあなたは、

「遊んでばかりいないで、将来のために勉強をしなさい!」

「後で困るんだから、勉強した方がいいわよ!」

思っていることをそのまま言っていませんか?

残念ながら、お子さんの気持ちに寄り添った接し方とは言えません。

それならば、一体、どのようにお子さんと接していけば良いのでしょう?

安心してください!お子さんの気持ちに寄り添いながら、お子さんが自分から勉強ができるようになるための方法があるんです!

ここで、実際にこのテキストを使用されたご家庭のお話を見てみましょう。

※ご本人に許可を取って掲載しています。また、プライバシー保護のため、実名は伏せております。


S岡さんには中学2年生になる息子(R君)がいます。

R君は放送部に入っていて、活動は週2~3回程度です。そこまで忙しくはありませんが、毎日家に帰ると部屋にこもってゲームばかりの生活です。

S岡さんはほとんど勉強しないR君のことが心配でした。

イラスト:nanaroco

そんなとき、R君がS岡さんに突然「塾に行きたい」と言い出しました。

話を聴くと、「学校の友達が受験を意識して、塾に通い始めたので、自分も行った方が良いと思った」とのことです。

S岡さんは、心配していた息子が自分から勉強する気持ちになってくれたことがうれしかったので、塾に通わせることにしました。

しかし、塾に通い始めたものの、中々成績は上がりません。

R君の生活も以前と特に変化はなく、学校から家に帰るとすぐに部屋にこもってしまいます。

S岡さんは不安になったので、

「家に帰ってすぐに部屋にこもっているけど、本当に勉強やっているの?」

とR君に尋ねると、

「ちゃんとやってるから大丈夫だよ!」

と少し不機嫌そうにRくんは答えました。

あまり強く言いすぎても本人が嫌がると思い、S岡さんはR君を信じてほおっておくことにしました。

そして、数週間たったある日、塾から「R君がほとんど宿題をやってこない」と連絡がありました。

その日、S岡さんは学校から帰ってきたR君を呼び、

「塾から連絡があって、宿題全然やってないんだって?自分から塾に行きたいって言ったんだから、ちゃんとやりなさい!」

と怒りました。

すると、R君は反省するどころか

「うるさいな!次からちゃんとやるよ!」

と反抗してきました。

その数日後、S岡さんはR君がちゃんと勉強をしているかどうか確かめるために部屋に行ってみると…、

なんと、R君は勉強をせずにゲームをしています。

怒ったS岡さんはついにR君からゲームを取り上げてしまいました。

R君もそれに対して激しく反抗し、大喧嘩になりました。

その日を境に、S岡さんとR君の親子の会話はなくなり、家庭内が非常に気まずい雰囲気になってしまいました。


あなたはきっと、S岡さんがR君に言ったことやしたことに少なからず共感できるのではないでしょうか?

確かに、S岡さんのとった行動は、大人の立場で考えると、決して間違ったことではありません。

しかし、同時に、このままS岡さんは今までと同じようにR君と接していては、S岡さんはR君に拒絶され続けて、親子の関係が修復不可能な状態になってしまう、という未来も容易に想像できるのではないでしょうか?

S岡さんが本当にR君の将来を考えるのであれば、やり方を変えていかなくてはいけません。

まず、お子さんの気持ちを理解して受け入れる。

では、S岡さんのどこがいけなかったのでしょうか?

まず、R君が塾の宿題をやらなかったという『ルールを守らないこと』に対して、S岡さんが注意したのは正しい判断です。

お子さんが間違った方向に進まないようにすることや、社会の最低限のルールを教えることは親として当然の責務です。

しかし、問題は叱るタイミングや声のかけ方にありました。

 

R君がS岡さんの言うことに対して、なぜ反抗的な態度をとったのかは以下のような3つの理由があります。

①思春期であり、親に対して反抗しやすい時期であるから。

②「勉強をしなさい!」という言い方が一方的で押しつけがましいから。

③「勉強しなさい!」と言われても具体的に何をしたら良いのかわからないから。

そもそも「勉強をしなくてはいけない」というのは、お子さん自身も理解しています。「理解はしているけれど、やり方がわからない」というのがお子さんの本音です。

そのような状態で自分でもわかっていることを頭ごなしに注意されれば、反抗したくなる気持ちは、あなたにもわかると思います。

大人でも「わかっているけどできない」ことはたくさんありますよね?

S岡さんがR君に対してすべきことだったことは、

お子さんと同じ目線で話を聴き、共感をしてあげることでした。

お子さんも上から物を言われるよりは、同じ目線で物を言われる方が話を聴いてくれます。この意識が非常に重要です。

S岡さんも「R君の成績が上がらない」と感じたときや、「塾の宿題をやってこない」と聞いたときに、一度冷静になってR君の話を聴いてあげるべきだったのです。

そのときに「なんで勉強をしないの?」とストレートに聞いては、結局バリアーを張られてしまい、元も子もありません。

はじめは「最近学校はどう?」「塾は楽しい?」など他愛もない話から始めても良いです。

そのような親子の日常会話によって、信頼関係が構築できれば、お子さんからポロッと本音が出てくることがあります。

親が子どもに口出しするのは、このようなタイミングです。

このとき、親は人生の先輩としてちょっとだけアドバイスをしてあげます。

『本当に困ったときにしか口出しをしない』くらいがちょうど良いのです。

とはいえ、言うのは簡単です。わかってはいても、実際にお子さんに対して、このように振る舞うのはとても難しいですよね?

そして、このような接し方を教えてくれる『親の先生』も残念ながら周りにはいません。

しかし、もし思春期のお子さんへの接し方についてのノウハウがあれば、S岡さんの問題も解決するはずです。

お子さんが自立学習をするために必要なノウハウ

S岡さんは、この課題を解決する手段として、リスタのテキストを選びました。

リスタのテキストには、思春期のお子さんに接する上で大切なポイントやお子さんの自立学習を促すために必要なノウハウが詰まっています。

テキスト前半の『親御さん向けの読み物編』では以下の内容が書かれています。

 

●テキスト前半『主に親御さん向けの読み物編』の内容

S岡さんはこのテキストを読み、R君への接し方について猛烈に反省したそうです。

「私は今まで子どもの気持ちを考えようとせず、楽なところから口を出していただけでした。」

これがテキストを読んだ後のS岡さんの率直な感想でした。

その後、S岡さんはR君との関係修復に取り掛かりました。

既に、取り返しのつかなくなる寸前の危険な状態ではありましたが、旦那さんのご協力もあり、塾に通い始めた頃の状況まで関係が回復しました。

しかし、親子の関係は何とか修復できたものの、この時点では、ようやくスタート地点に立てた状態です。

まだ、『R君がほとんど勉強しない』という根本的な問題は解決していません。

では、R君が自分から勉強できるようになるためにはいったいどうすれば良いのでしょうか?

それこそが、テキストの後半部分にまとめられている内容です!

自分の力で課題に取り組む。

●テキスト後半『主にお子さん向けのワーク編』の内容

★テキスト後半のポイント

ちなみに、R君は8つの勉強タイプのうち『隠れ努力タイプ』だったそうです。

このタイプは「周りに人がいないところの方が、勉強しやすい」という特徴があります。

R君は自分の個性に合った勉強のルールや計画を、ワークの内容に沿って立てていきました。

ワークは決して難しい内容ではなく、質問に答えたり、表や図に書き込んでいくだけで、いつの間にか自分のタイプに合った勉強スタイルが確立できるようになっています。

R君はそのワークの中でも特に勉強する時間や場所にこだわって作ったそうです。

そのような中で、S岡さんもR君に対して、自分の知識や自分の思っていることを押しつけるのではなく、必要最低限しか口をはさまないことにしました。

常にR君の話を聴きながら、一緒に考えるという姿勢を崩さず、壁にぶつかったときにも必ず本人が納得するまで根気よくR君の気持ちに寄り添って、共感するように努めました。

 

そして、R君自身の努力をS岡さんの気遣いが後押しをしたのか、R君は徐々にゲームをする時間が減り、代わりに勉強をする時間が増えていきました。

そのうちに、R君は、S岡さんが何も言わなくても自分から勉強をするようになりました。

このようにお子さんが自立学習の習慣を確立していく上で、親であるあなたの存在が極めて重要になります。

『自分から勉強する』ということは、誰かに手取足取り、すべてを教えてもらえるわけではありません。

周囲の友人がなんとかしてくれることもありません。

そのような状況の中で、あなたのお子さんは努力をしなければならず、私たちが考えている以上にあなたのお子さんは『孤独』を感じています。

一番身近で誰よりもお子さんのことを理解しているあなたがすぐそばにいるということは、お子さんにとってとても大きな安心になるのです。

親子でつかむ『本当の成功』

その後、S岡さんのご家庭はどうなってのでしょうか?

最後にS岡さんから届いたメールをご紹介します(一部掲載)。

※個人が特定できる部分などを修正してあります。

 


リスタディ 砂見様、山口様

お久しぶりです。以前、お世話になりましたS岡と申します。

今回、ご報告があってご連絡しました。

以前ご相談していました、息子の高校受験の結果です。

決して偏差値の高い高校ではありませんが、志望校である公立の〇〇高校に合格することができました。

 

テキストを使い始めるまでは、息子は目標もなく、やる気もなく、まったく勉強をしていませんでした。かくいう私も、そんな息子に怒ってばかりで、二人の仲もぎくしゃくしていました。

しかし、テキストをやり始めてから時間はかかりましたが、息子にも目標ができ、勉強をする意味もわかってきたようでした。

息子が「〇〇高校に行きたい」と声をかけてきたのが、今となっては懐かしいです。

その高校にはパソコン部があって、「先輩が通っていて面白そうだから」と言っていました。それから話が広がって、よくよく話を聞くうちに、どうやらプログラミングに興味を持ち始めたみたいです。

 

以前は目標もなかったのに、やりたいことができたこともあって、それからは今までよりずっと勉強に取り組むようになりました。息子の成績からしたら少しレベルの高い高校だったので、チャレンジにはなりましたが、なんとか間に合いました。

 

今、息子は「高校に行ったら、自分でゲームを作る!」と言って張り切っています。

このテキストに親子で取り組んでから、勉強だけではなく、私たち親子の関係や息子のこれからの人生にとっても、かけがえのない経験が得られたと思います。

 

これも砂見様、山口様とお二人が作られたテキストのおかげです。本当にありがとうございました。

 


S岡さん、R君、志望校への合格、本当におめでとうございます。

ご自身を変えようと一歩を踏み出したS岡さんの勇気とお母さんを信じたR君、2人の努力の賜物です。

そして、これを見て心が動かされたあなた。

次はあなたの番です!

今ならまだ間に合います。

私たちと一緒にお子さんが未来を拓く力を手に入れましょう!

 

 

・価格 25,000円(税込み)

※商品代金以外に発生する手数料など
・書籍版のみ、冊子印刷代および送料4,000円(税込)
・書籍版のみ、代引き手数料 全国一律 432円(税込)
・クレジットカード 複数回払い時のシステム手数料。
・銀行振込の際にかかる各種手数料。

・特典

①無料メール相談 ※1

②ユーザー限定ブログ閲覧可 ※2

③返金補償 ※3

④改訂版 無料配布 ※4

⑤リスタディ主催 交流会に無料招待 ※5

[※1]1か月無制限。 [※2]1か月間無制限。 [※3]無料メール相談利用後、状況が改善しない場合、返金可。 [※4]テキストを改定した場合、データを無料配布。 [※5]規定人数(5人以上)に達した場合、開催。

↓ご購入は下記の『今すぐ購入』をクリックしてください。

お届け方法

↑こちらをクリック!

他にもこのような声をいただいております!

このテキストを使用された方々から、以下のようなご意見をいただいております。

※プライバシー保護と悪用防止のため、写真及び実名は伏せております。

 

よくあるご質問

 

さいごに...。

このテキストはお子さんの自立学習を促し、お子さんの未来を拓くテキストです。

しかし、どんなにすばらしいテキストであっても、

もしあなたのお子さんが本気になって取り組まなければ、効果はないでしょう。

お子さんを本気にさせるには、

まずはあなたが本気にならなくてはいけません。

教材の購入はその第一歩です。

一歩を踏み出してお子さんの未来を変えましょう!

↓下記の『今すぐ購入』をクリック!

お届け方法

↑こちらをクリック!

このテキストの値段を高いと感じますか?

このテキストは、一度購入すれば、一生もののスキルやノウハウが身につくものです。

塾や家庭教師も1か月で同じくらいの月謝がかかりますので、それと比べればかなり安上がりです。

 

それよりも、こうしている間に、次の定期テストや受験までに、あなたのお子さんに残された時間は減っています。

↓下記の『今すぐ購入』をクリック!

お届け方法

↑こちらをクリック!

特定商取引に基づく表記/プライバシーポリシー

Posted by relistudy