運動部に所属している子は成績が良い?

 運動部と文化部。

学校の部活動を大きく分けるとこの2つに分類できます。

 

そして、まゆこちゃんの友達が言っていたように『スポーツやっている方(運動部)が、成績が良い』という噂を聞いたことはありませんか?

また、「自分の周りの頭が良い人たちの多くは運動部だ」と思うことはありませんか?

『運動部に入ると成績が良くなる』ということは決してありませんが、今回は運動部と成績の関係について、少し考えてみましょう。

 

『運動部の方が、成績が良い』と言われている背景には次のような理由があるのではないでしょうか?

①単純に運動部に所属している生徒の方が多い(相対数が多い)。

②運動をすると心肺機能が活性化し、勉強するコンディションが整いやすい。

③運動をすると脳が活性化しやすい。

④ハードな練習で根気や忍耐力が鍛えられ、集中力が高くなりやすい。

⑤部活で勉強する時間が少なくなるので、必然的に効率よく勉強する癖がつきやすい。

 

今回5つの理由を挙げてみましたが、運動をすると勉強するのに良い効果も多いようです。

しかし、一概に良い点ばかりであるとは限りません。

例えば、つとむ君が言っていたように『疲れて寝てしまいやすい』ことや、『文化部よりも運動部の方が勉強に使える時間が圧倒的に少なくなりやすい』というデメリットもあります。

 

運動部に所属した場合の勉強に関しての利点と欠点をまとめましたが、ここで大切なことは、『勉強を基準に部活動を決める』ということは避けた方が良い、ということです。

上にも書いた通り、どちらが優れているというわけではなく、しっかり目標とやる気を持って勉強すれば、部活動の違いなど微々たるものです。

それよりも、部活動ではやりたいことをやってストレスを発散し、勉強とのメリハリをつけることを心がけましょう。

 

ただし、どの部活に所属していたとしても、心身の健康のためには適度な運動も必要なので、定期的に運動することは忘れないようにしましょうね。