子どもの進路に対する親や教師の『問い方』

 子どもたちにとって、進路選択は自分の将来を決める上でとても大切なことです。

もちろん、その子の「やりたいこと」が叶えられたり、充実した学校生活を送ることができたりすることが望ましいですが、親や教師としては、その子の今の学力よりも少しでも高いレベルの学校にチャレンジして欲しかったり、あるいは逆に、どこにも受からないと困るので、確実に受かりそうなところを受けさせたいと思ったりしてしまうのではないでしょうか。

 

そのようなとき、子どもたちの進路に対する親や教師の『問い方』がとても大事になるのです。

上のつとむ君とまゆこちゃんのお話のように

「どの学校に行きたいんだ?」

と聞くだけでは、そのあとに否定の言葉や厳しい言葉が待っていると思ってしまい、遠慮や謙遜をして、自分の本当に行きたい学校を言い出せないことがあります。

そのような時は「もし~なら」と聞いてみるのが良いでしょう。

 

「もし、どこの学校にでも行ける学力があったとしたら、どこに行ってみたい?」

そのように聞くことで、子どもは自由に答えやすく、目標の設定がしやすくなります。

また、「その学校に行くには、何をがんばればいいだろう?」と、自分で課題を見つけて努力をしていきやすくなります。

「もし~なら」という仮定の言葉をうまく使って、子どもを良い未来に導いてみてくださいね。