集中力の持続する時間は?

 人間の集中力は、一体どれくらい持続するのでしょうか?

集中力の持続時間は年齢や個人によって差はありますが、一説によるとおよそ15分で、それ以降集中力は徐々に低下していくそうです。

したがって、15分勉強するごとに休憩を挟むことが、効率良く勉強する方法と言えます。

 

しかしながら、そこまで頻繁に休憩を挟めない場合も多いと思います。

また、休憩が必要以上に多すぎると、かえって勉強のやる気を失ってしまうこともあります。

ですから、『ある程度の時間継続して勉強をしたら休憩をとる方法』が便利です。

 

そこで、『45分』という時間をひとつの基準にすることをオススメします。

人間が一番集中力を発揮できる持続時間は15分間ですが、『何とか集中力を保つことができる時間(=集中力持続限界時間)』だと、45分まで時間が延びます。

学校の1回の授業時間に45分が多いのも、実はこれが理由なのです。

 

例えば、45分勉強して15分休憩を挟むことでちょうど1時間となるので、勉強のスケジュールなども組みやすいと思います。

『15分=人間が最高に集中力を発揮できる持続時間』

『45分=人間が集中力を何とか持続させられる限界時間』

と覚えておきましょう。

 

さらに集中力の持続時間は、経験や興味関心の度合いによって延ばすことができます。

勉強に慣れて日々勉強を行うことに抵抗がなくなってきたら、今度は1回あたり倍の時間の『90分間勉強すること』にチャレンジしていきましょう!

また、45分や90分の勉強時間の内訳でも、『始めの15分は例題で公式を覚えて、残りの時間で練習問題をやって、公式を定着させる。』などの工夫もできます。

このように、勉強の時間も自分でコントロールして、効率良く勉強していきましょう!